昼下がりの黒石 -5-(終)

b0001380_0421985.jpg

b0001380_0425078.jpg

b0001380_0431452.jpg


元々まちの写真はモノクロに変換しても使えるような撮り方が主体なので特に違和感はないだろう。
色を持つことよりも存在感を出せたら。時の重ね具合を出せれば、そんな気持ちで撮る。
カラーより色気を出せればしめたものだ。なかなかうまくいかないのだけれど、それでもいい。

====================================

【写真教室のご案内】

2016年10-12月度のニコンカレッジ札幌校のご案内です。
社会人の方も参加しやすい土、日の設定です。基本編もわかりやすく楽しい講座です。
写真の基本、なんとなくわかっているけどもう一度!そんな方に最適の講座です。
いずれも定員が10名と少ないのでお早めにどうぞ!
詳しくはこちらを御覧ください。

※所属する写真家団体「NPO法人北海道を発信する写真家ネットワーク(NORTH FINDER)」
プロフィールはこちらからどうぞ。

様々な写真に関するお仕事をお待ちいたしております。

Commented by 6x6 at 2016-10-02 20:55 x
一連の写真、「昼下がりの〜」のタイトルに相応しい写真ですね。
説明できないですが、黒石のヌメッとした雰囲気を感じます。
2枚目、何回撮っても僕はこれを上手く撮れません。切ない色じゃないですか。
これをモノクロで来るとは参りました。
Commented by ariari at 2016-10-03 00:40
6x6さん
黒石は若い頃にコダクロームで撮っていたこともあって、なんとなく艶っぽい町という印象です。
そこでモノクロだとどんなものかなとも。モノクロだけはフィルムでといつも思うのですが、
お手軽にデジタルでもいい階調が出せる時代になってしまい、むしろいつでもできるということが
ハードルを高めてしまっている自分です。努力が足らないのです、わたし。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by ariari | 2016-10-01 23:59 | 青森 | Comments(2)