羽幌の花火

b0001380_01584319.jpg
羽幌町の花火は地元の方が楽しみにしているのがよくわかりました。
海水浴場でキャンプをしている方にとっても特等席で楽しめたようです。
漁港でもあるこの場所は一夜のわずか30分だけの華麗なる花火で彩られます。
アナウンスもスポンサー名の連呼も、間延びもない連続した打ち上げは感動的。

Nikon D7500 + AF-S NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

Commented by 6/6 at 2017-08-07 18:18 x
美しいです。撮影場所もアングルも距離感も、他のものと違いますね。近い感じで。
花火、僕は苦手分野なのですが、撮りたくなりました。
海の色の染まりも綺麗です。

追伸:燕の記事、どういう意味だろ?って思えば、そういう意味だったんですね。歩いている臨場感が伝わり、自分で歩いている気分になりました。続編、楽しみにしております。
Commented by ariari at 2017-08-07 23:00
> 6/6さん
通常の花火同様、空へ向けてのものがほとんどで、海上は数発ですが、そこがよかったんです。
しかも見物客の目の前、きっとすごい迫力だったと思います。
高台から撮った方が面白いなと思いましたが、見るだけなら海岸に降りたかったです。
燕、タイトルを考えるのにも必死で、つまんないです(笑)。でも、スイスイ歩いたように見せるのも技ですね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by ariari | 2017-08-07 05:07 | 花火 | Comments(2)