ももない冬色 -2-

b0001380_21463623.jpg
b0001380_21464511.jpg
b0001380_21465417.jpg
先般の撮影ツアーで周った絵をいくつかお見せしました。
色々ご心配を頂いております。
まだ本調子には程遠いですが、そこは徐々に。
頑張ります。

Commented by 6x6 at 2018-02-05 09:17 x
冬の厳しさのなかに、人の匂いとか温もり、あるいは痕跡が垣間見れる北海道の港。
そこに向けらる師匠の優しい眼差しを感じます。
先週、少しの湿った雪で撮影地を撤退した僕としては、反省しきりです。
ご自愛頂きながらも、写真楽しみにしております。

Commented by ariari at 2018-02-05 22:51
> 6x6さん
漁港は冬でも生活感すごいですね。現役の港は(たとえしばらく使われていなくとも)営みの匂いが強いです。でも、ぼくの視線は優しくなんかないですよ(笑)。
ここ一連の漁港の絵は同じ日のもので、いまは仕事手一杯でこれまた撮影の時間がないという・・・恐ろしいほどの課題が山積みで格闘中です。休んだ分働かないとですね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by ariari | 2018-02-05 02:05 | 小樽 | Comments(2)