カテゴリ:秋田( 152 )
秋田

毛馬内は陸奥の国 -4-(終)

盆踊りのまち、ここへ来て初めて知ったこと。北東北の事は詳しい、と自分では思ったけどそれはまったく間違いで、全然知らないことの方がはるかに多いことに気が付きます。しかも町並みが思ったよりすてきで、...

2017年 09月 05日

秋田

毛馬内は陸奥の国 -3-

鹿角市の中心部から離れており、JR駅もちょっと歩かねばならない集落。なのに人が結構います。たいていこういう中心部から距離のある元独立自治体の町、というのは人影もまばら。いやはや、商店街でもそれな...

2017年 09月 03日

秋田

毛馬内は陸奥の国 -2-

実は毛馬内、床屋が多いです。4枚目のカットにも二軒写っていますが、町内ぐるっと歩けば「ええっ?」と。美容室を含めば軽く二桁の店舗数という驚きに「毛馬内の人は毛が多い?」とかつまらんシャレを云った...

2017年 09月 01日

秋田

毛馬内は陸奥の国 -1-

毛馬内は鹿角市なので秋田県だけど、元々は陸奥国でした。ここもいつもは通過点なのでたまには撮ろうよと。にしても毛馬内城があった名残か、商売のカテゴリごとに区画分けしていた町並みはなかなかのもの。し...

2017年 08月 30日

秋田

立ち寄りの男鹿

男鹿市内、駅前をちょろっと散歩したり農家さんのすてきな桜に見とれたり漁港にも寄ってみたり。つまりは先になかなか進まないってことです。予定通り。旅は目的地につくまで「も」おもしろい。そういう訳です...

2017年 05月 30日

秋田

男鹿・脇本 -2-

昭和の商店、というか町の百貨店。お話伺いながら撮影させていただきました。なるほど、うん、宝探し的な面白さがありますね。秋田県男鹿市

2017年 05月 29日

秋田

男鹿・脇本 -1-

たいてい北海道から秋田へ上陸する場合フェリーで秋田・土崎港に上陸し、そこから北上するか、南下するかです。本来バスツアーで桜めぐりの旅をする予定が、残念ながら定員に満たないため中止になってしまいま...

2017年 05月 27日

秋田

小坂をつまみぐい

小坂町はその昔鉱山で栄えた町。今も同和鉱業のリサイクル基地であり、現代の鉱山とも言える工場が稼働中。小坂鉄道が廃止後も近年「小坂レールパーク」として再び営業を始めたこともあり、町が元気でいること...

2017年 03月 25日

秋田

夕映えが差し込む大館

わが愛、鶏めしの里、大館市。地方都市風情が渦巻く地なのだ。その昔は花輪線の山越えや奥羽本線の青森県境矢立峠越えのために機関車の拠点地区として鉄道のメッカ的なイメージが。もちろん同和鉱業の鉄道とし...

2017年 02月 21日

秋田

只今札幌で「秋田・大館の鶏めし」絶賛実演販売中

私が子供の頃からとにかく食べまくっていた駅弁が秋田県・大館市(大館駅前)花善さんの「鶏めし弁当」だ。とにかく旨い。ここで何度か宣伝しているけど、昨年の10月に続いて札幌で実演販売中。丸井今井札幌...

2017年 02月 17日