カテゴリ:鉄( 194 )

抗えないこと

やはり骨折前とは景色が違いすぎてびっくり。そりゃあ、仕方ないです。この冬に二ヶ月違い期間留守にすれば…やはり冬のここいら辺は最高に好きです。

2018年 01月 07日

油断していたロケーション

雪が積もったらここで撮ろう、そう決めていたのに…想像以上に雪が高くなってしまいました。慌てて脚立を立てて待ち構えるも、雪の中に脚立が沈みます。そりゃあそうだ。そもそも北海道の冬景色に白い車体とい...

2017年 11月 20日

雪晴れの午後

本当は冬が嫌いだった若い頃今は鉄を撮りたくなります。でも、ここの路線がなくなったら楽しみが半減(どころじゃ)するような。後悔したくないから撮ります。+++++++++++++++++++++++...

2017年 11月 19日

冬物語開幕

半年に及ぶ白き世界が始まる。長いようだけど過ぎればあっという間だと思われます。楽しみだと思わないと厳しい冬ですからね。

2017年 11月 17日

意外に寒い暮の刻

なんとなく廃屋っぽく見えますが、現役の納屋です。暮れどきの色に救われました。ここも夜が良さそうです。最終列車と絡めてみたいものです。今の季節はとにかく寒いんです。黙って立っていると耐えられないほ...

2017年 11月 16日

わかっているのだ、そんなことは

とうとうこの路線沿線の地元自治体4町は、路線維持は難しいと結論を出したようです。残念ながら廃止がほぼ決定です。観光需要の掘り起こしを考えたようですが難しいでしょう。どう考えても厳しい。人を呼べる...

2017年 11月 14日

神社映え

踏切があって鉄橋があって鳥居がある。好物が揃ったからといっていい写真になるかどうかは別の話。

2017年 11月 10日

小焼け流し

いつも同じような絵だと思われますが実はその通りで時間帯にさほど差異もございません場所はそれなりに違いますでも、まあ、変わり映えしませんね*****************************...

2017年 11月 09日

きみの仕事

誰も降りない誰も乗らない静かに汽車は去る*********************************************写真を使って街をつくる。(でも「写真展」という言葉は使わない)五...

2017年 11月 07日

ああ、晩秋の里に汽車は走る

本数が極度に少ない路線ゆえに撮れるチャンスは少ないのが悩みどころ。したがっていい色合いの頃に来てくれる保証がないのが「撮れる時に撮る」理由に。今は時間を見計らって行ける時には行くようにしています...

2017年 11月 05日