小樽

花園はここにある

ぼくの好きな小樽・花園。旨い店がある、楽しい店がある。飲み屋は苦手だけど、昼間のお店は旨いもんが多い花園。食いきれないほどのメニューがあって何度も通いたくなるお店。そういう場所なのだが写真も楽し...

2017年 03月 01日

青森

陸奥湊から始まる朝 -2-

市場の中に感じる物語。働く人たちだけではなく、買い手にもドラマがある。それはこういう場所のあちこちに散らばっていることに気がつくのだ。そういうのを感じられることがステキ。FUJIFILM X-T...

2017年 02月 28日

青森

陸奥湊から始まる朝 -1-

陸奥湊の朝市は観光客向けではなく、ガチな商売もん。それ故に安価で良いものが多い。ぼくたちはその恩恵に与り楽しむことが出来る。その分、かなり早い時間に行くべきなのだ。冬の朝、まだ夜が明け切らないう...

2017年 02月 27日

本当のさようなら

仕事のため遠征はできず、自宅から歩いてお出迎えに。お見送りは仕事帰りに、やはり近所で。一度も乗ることは叶わなかったけど、夢があったね。さようなら、カシオペア。今回のカシオペアクルーズ・紀行ともに...

2017年 02月 26日

石狩

柔らかく暮れて石狩

FUJIFILM X-T2一枚目、二枚目:XF 100-400/4.5-5.6R LM OIS WR三枚目:XF 10-24/4R OIS

2017年 02月 25日

石狩

川の日常

ここも好きな場所なので何度も通っているけれど、同じ景色は二度はないですね。機材も変われば雰囲気も変わるので新鮮な気持ち。それにしても、いい色合いを持ち帰ることが出来ました。FUJIFILM X-...

2017年 02月 24日

青森

窓に木造 -2-

毎度撮るものは変わりませんね。困ったものです。でも、それが楽しいので自分では困っていないのですが。ラストカットの酒屋さんを撮り終えて歩きだしたら後ろから声が。店主のおばちゃんが。え、何かまずかっ...

2017年 02月 23日

青森

窓に木造 -1-

木造に来るといつも窓を主体に撮ってしまうのは癖。いいんです、窓には生活感。でも、やっぱりつがる市って云うのには抵抗感がありますねえ。

2017年 02月 22日

秋田

夕映えが差し込む大館

わが愛、鶏めしの里、大館市。地方都市風情が渦巻く地なのだ。その昔は花輪線の山越えや奥羽本線の青森県境矢立峠越えのために機関車の拠点地区として鉄道のメッカ的なイメージが。もちろん同和鉱業の鉄道とし...

2017年 02月 21日

米代川を渡る

その昔、大好きな「花輪線」に急行が走っていた。名前は「よねしろ」。歴史は割愛するが、ぼくが乗っていた頃は鹿角花輪から秋田まで奥羽本線直通の急行列車として朝一本の運用があった。その後晩年は快速列車...

2017年 02月 20日

岩手

大更であり西根であり八幡平市 -4-(終)

なかなか立ち寄ることのない町だろう、西根。訪れる機会がまたあるとは限らないですね。いつもそう思って一期一会なのかもしれないと向き合って撮る。町の表情、きちんと撮れることのありがたさ。一見さんがお...

2017年 02月 19日

岩手

大更であり西根であり八幡平市 -3-

もう、岩手県内の鉄道駅はすべて立ち寄って撮ったほうが早いのではないかと思えてきた。鉄道のない自治体もあるし、それも今年はできるだけ通ってみたいのだ。と言いつつ、新潟や富山、和歌山に岡山へ再訪した...

2017年 02月 18日

静寂の中に光放つ

田圃に光浴びせ夜を駆け抜ける弘南鉄道 大鰐線 義塾高校前〜石川====================================【写真教室のご案内】2017年1-3月度のニコンカレッジ札幌...

2017年 02月 17日