小樽

たるにゃんこ

小樽の猫は警戒しつつも遊んでくれます。ほっとけよ、とスルーもされますが、かまってくれと来る奴も多いです。三枚目の子たちはまとわりついて離れてくれませんでした。今度会ったら旨いもん持って行くね。寒...

2017年 11月 18日

冬物語開幕

半年に及ぶ白き世界が始まる。長いようだけど過ぎればあっという間だと思われます。楽しみだと思わないと厳しい冬ですからね。

2017年 11月 17日

意外に寒い暮の刻

なんとなく廃屋っぽく見えますが、現役の納屋です。暮れどきの色に救われました。ここも夜が良さそうです。最終列車と絡めてみたいものです。今の季節はとにかく寒いんです。黙って立っていると耐えられないほ...

2017年 11月 16日

わかっているのだ、そんなことは

とうとうこの路線沿線の地元自治体4町は、路線維持は難しいと結論を出したようです。残念ながら廃止がほぼ決定です。観光需要の掘り起こしを考えたようですが難しいでしょう。どう考えても厳しい。人を呼べる...

2017年 11月 14日

工場

旧瀧之上発電所

大正時代に作られた炭坑用発電所でした。後に北海道企業局が譲り受けて最近まで稼働していたのですが老朽化で休止。ただ完全に廃止にすると河川法で堰や取水口などを元に戻さねばならないのですぐ隣に新たな発...

2017年 11月 11日

神社映え

踏切があって鉄橋があって鳥居がある。好物が揃ったからといっていい写真になるかどうかは別の話。

2017年 11月 10日

旭川

すてきなであい

閑散とした農地に突如現れる方々に驚愕した。でも、深夜に撮ってみたいです。みんな遊んでいるような気が。

2017年 11月 08日

きみの仕事

誰も降りない誰も乗らない静かに汽車は去る*********************************************写真を使って街をつくる。(でも「写真展」という言葉は使わない)五...

2017年 11月 07日

小樽

高島アートステージ -4-(終)

晩秋の高島エリア、相変わらず好みの雰囲気で楽しめました。次に撮りに来るのは雪が降ってからになるかな。(というか、この後訪れたんですが飯を食っただけで帰りました)

2017年 11月 06日

ああ、晩秋の里に汽車は走る

本数が極度に少ない路線ゆえに撮れるチャンスは少ないのが悩みどころ。したがっていい色合いの頃に来てくれる保証がないのが「撮れる時に撮る」理由に。今は時間を見計らって行ける時には行くようにしています...

2017年 11月 05日