鉄道がある暮らし

b0001380_22395608.jpg
よく聞く話。列車が通り過ぎる時刻で「そろそろお昼だ」「最終列車が行くと寝る時間」・・・
一日に何本もない列車だからこそ成り立つお話。暮らしの中にいつの間にか馴染み、いつかなくなる。
走っていて当たり前な景色が失われるとき、初めて気がつくのだ。たぶん、都会の人にはわからない悲しみ。
b0001380_22401225.jpg

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by ariari | 2018-06-16 00:16 | | Comments(0)