最後の輝き

b0001380_22385120.jpg
b0001380_22390091.jpg
日が短くなり、日没が毎日早まれば、そこを通る列車へ光が当たらなくなる。
なにせ本数は少ない。明日はもう晴れていようとこうは撮れない、そんな季節だ。
また春までお預け。もしかして最後の春かもしれないね。
そんな平成最後の秋は過ぎゆくのだ。


名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by ariari | 2018-10-11 00:11 | | Comments(0)