あの景色を懐かしむ頃には何もかも遅い

b0001380_21343908.jpg
6月の景色。稲の生育が始まったばかりという頃合いが好き。まだ水もたっぷりな田んぼは初夏の匂いがする。
いま、盛夏ゆえに稲はぐんぐん、あとは刈り入れを待つばかりなのだが、そういう季節感一つ一つがいよいよ愛おしい。
もう、ないのだ。二度とみられないのだ。そう思うだけで心が激しく揺れる。何かに激しく揺さぶりをかけられるように。
それが何かわかっているのに、どうしようもないのだ。

****ニコンカレッジ基礎編募集中です!****
基礎というより自己流で覚えたことをおさらいする意味も含めて!



名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by ariari | 2019-08-19 00:00 | | Comments(0)