岩手

釜石・橋野おかわりくん -1-

釜石市橋野町再びだ。三か月ぶりの訪問、というかわざわざ立ち寄ったわけではないけれど、いいところなのでもう一度通ってみたということで。なので特に前回と変わったようなこともなく淡々と日常が過ぎている...

2019年 09月 18日

シコーキ

哀愁のanti-collision light

航空機の赤いアレ。点滅して互いに認識し合うための衝突防止灯、アンチコリジョンライト。やはり夜の飛行機はこれが写ると情感が増す(ような)気がする。赤い灯火にはもともとなんとなく漂うもんがあるよね。...

2019年 09月 17日

小樽

あり続ける幸せ

いい建物というものは観賞して見惚れるもので、いつ見てもそう思い一人頷いている。うんうん、たまらんな、とか偉そうにしている。周囲から見れば怪しい奴なのかもしれない。歴史的な景観という保護も受けず、...

2019年 09月 16日

苗穂は想像以上に工場している

恒例、JR北海道苗穂工場公開に行ってきた。毎年行っているわけではないが、昨年は地震で公開が中止になったので、個人的にも行きたかったもの。見ているものは毎年同じで工場内部に萌え萌えなわけです。車両...

2019年 09月 15日

拝啓、山の上より

列車はどこだ?という俯瞰撮影の楽しさ。まあ、色々あります。本当は絶対に押さえておきたいところもあったけど、できませんでした。もう二度と撮れない、出会えないもの。早くも後悔しているけど、もう遅いの...

2019年 09月 14日

室蘭

室蘭中央町は中央なのか -5-(終)

中央町は中央に位置する繁華街なのは間違いないのだけど、賑わい拠点はもうずーーっとここではないということは周知の事実で、それでも町名を変えることもなく中央なのである。そんなことは日本全国津々浦々、...

2019年 09月 13日

小樽

変わらぬ路地にて確かめる

もう何年も通っている路地裏。ここは北海道最古、日本でも三番目に古い鉄道が敷かれた場所だ。幸いにも線路は今も残り、散策路として整備された。手付かずのままでよかったけど、観光客にも馴染んでもらえるに...

2019年 09月 12日

ああ、同志よ

721系電車も引退が始まってますんでね、こういう絵は10年後見られませんね。いや10年も持たないか。そもそも鉄道がなくなるかも??

2019年 09月 11日

室蘭

室蘭中央町は中央なのか -4-

寄れば写真なんかどうにでもなるもんですよ。難しいのは引き際。なので寄ったもん勝ち?ダメですね、そういう考えは。お花もマクロで寄ればとりあえずは美しく見える。でも、でもね、大事なのはその先にある物...

2019年 09月 10日

室蘭

室蘭中央町は中央なのか -3-

見上げて見下ろして右見て左。安全確認、指さし確認。レンズ絞りよし、ピントよし、シャッターよし!!でも写真はイマイチ。****ニコンカレッジ実践で学ぶ初級講座****イマイチな写真を撮らないように...

2019年 09月 09日

あっという間に秋のアレ

この間田んぼに水が張ったねえ、と思っていたらこれですよ。収穫まであと少し。こうして一年が早く感じて歳を取ってあとはおっちんでしまうわけです。そもそもぼくのような特に名もない写真家の絵なんか将来何...

2019年 09月 08日

室蘭

室蘭中央町は中央なのか -2-

寂れているんじゃなくてそこにある現実としてのまち。営業している店もあるし、夜になればそれなりに人も多い。いいんじゃないかと。時間を経て味わいが深くなる物件があるのは確かで、それを好むということだ...

2019年 09月 07日

室蘭

室蘭中央町は中央なのか -1-

繁華街の中にある寂しさ満載。まあ、地方都市ってそういうもんじゃないかと思うけど、大都会にもこういうシーンがあるので、そう違いはなさそうです。そもそも同じ人類の住む町なんかめっちゃ違ったら困るよう...

2019年 09月 06日