カテゴリ:小樽( 236 )
小樽

そこにいて

いつもそこにいて欲しいと思う物。

2018年 10月 06日

小樽

暮が早まる

日々の挨拶「日が短くなったね」「夕方寒いね」・・・そういう言葉が毎年繰り返される。同じことを何度も云ったり聞いたり。気を抜けばあっという間に暗くなるので油断ならないのが秋。北海道はもう冬ですよ、...

2018年 09月 29日

小樽

風化も劣化も -3-(終)

時代を経たものこそがアート。そう思わせるものがあるよね。

2018年 09月 20日

小樽

風化も劣化も -2-

渋い色合いにすべく色々考えますね。どういう仕上がりがいいか。デフォルトはフィルム、ネガカラー、それも彩度は低目なやつ。そういうのをイメージしつつ場所の雰囲気にあったものを心掛ける。なんていうのは...

2018年 09月 18日

小樽

風化も劣化も味のうち

今日は講座実習日。本来は別な場所への短い旅を列車ごと味わうはずだったが、震災で動いていない列車には乗れない。大幅にスケジュールを変更したのにもかかわらずみなさん快諾していただき、しかもこの場所を...

2018年 09月 16日

小樽

草を見ていた午後

いつものにゃんこはいつものおっさんと絶妙な間合いを取っていた。毎度の光景だ。でも、魚をもらっている姿を見たことはない。たぶんあげているとは思うんだけど。今日は大漁で、ばっかばか釣れていた。もしご...

2018年 09月 03日

小樽

海を見ていた午後

荒井由美の有名なあの曲を思い出す方はそれなりの御歳だ。横浜は山手のドルフィン、今も現役のお店だそうな。イメージが頭に浮かぶほど脳内スケッチ力が試される曲だが、おっさんが見つめる海ではないことは確...

2018年 09月 02日

小樽

ウエットなZ -3-(終)

いつものところにいつもいる。代替わりはしているのだが、必ず命をつないでいる。美猫、めんこいよ、元気でね。PENTAX Q7 + ZUNOW-ELMO Cine 1:1.1 F=13mm

2018年 08月 20日

小樽

ウエットなZ -2-

好きな雰囲気だったお家がいつの間にかなくなっていた。そんなに旧い家ではなかったよなとか思うけど、築何年とか考えたこともなかった。夏のせいではなく季節のせいでもなく記憶力はどんどん低下するのであっ...

2018年 08月 17日

小樽

ウエットなZ -1-

湿度タプーリな銭函。気温は大したこともなく夏は終わった感満載。いいのだ。季節は過ぎるためにある。冬も遠くない。歳をどんどん取って老け込む一方なのだ。悪くない。PENTAX Q7 + ZUNOW-...

2018年 08月 16日