カテゴリ:函館( 24 )
函館

片隅にかほり

あれ、こんなところあったっけかなと思ったが、そう、冷静に考えれば会社員時代は何度も通っている。が、立ち止まったことはない。うむ、あの頃は立ち止まってはいけない場所だったのである。いや、すでにもう...

2018年 12月 14日

函館

至極狭所好色

絶対誰も撮らない場所ってあるのだろうか。一度も写真に撮られていないもの。そんなものはないのである。既視感ありて当然なのーだ。***********************************...

2018年 12月 13日

函館

廉売

朝市じゃなくて、本当に地元の方が買い物に来るのはこっち。密着した品と値段。そういうもんでしょうね。

2018年 12月 07日

函館

朝から裏を往くのだ

函館の仕事を終えてホテルをチェックアウト。駅まではやや遠い場所なのだが、少し歩く。朝の光を浴びるなんて久しぶりの偽りの健康人。表通りを歩かず裏へ。当然だ。やはりいいじゃないか。とうなずいて。さて...

2018年 11月 29日

函館

振れ幅と懐深し世界 -後編-

絵が大人なのだ。では、他のカメラは子供なのかということではないのだが。フィルムで中判を使ったことのある方ならわかるのだが、単純に絞りによる被写界深度ではなく、あきらかにフォーマットの大きさによる...

2018年 11月 25日

函館

振れ幅と懐深し世界 ‐前編-

初めて中判デジタルカメラでスナップしてみた。ん、んんん、うむむ。これはやばし。ブログでは画像サイズを小さくするのでやむを得ないけど一枚目のカラス。黒の中にも階調、特に目のあたりの瞳孔まで見えると...

2018年 11月 23日

函館

昼も徘徊(爺さん)-4-(終)

あっという間に日が暮れ始めた。もはや昼ではない。函館滞在の短い間に(いや仕事なんで遊んでいる間はない)撮りたいものもある。まあ、そういう限られた時間だからこそダラダラせずに済むんじゃないかと。こ...

2018年 11月 18日

函館

昼も徘徊(爺さん)-3-

この辺は何度も歩いているはずなのに、見たことがない雰囲気ばかりだ。初めてこの辺を歩いたのは40年も昔のこと。驚くよね、もう大昔もいいところだよ。カメラを持って歩いたわけじゃないし、記憶が定かでは...

2018年 11月 15日

函館

昼も徘徊(爺さん)-2-

函館の日中を撮り歩くなんて久しぶりだ。楽しい。目につくものがすべて撮れる。そういう時は至福で、いい感じで捗るのだ。やはり町はいい、すてきだ。まだまだいけるなあ、いきたいなあ。

2018年 11月 13日

函館

昼も徘徊(爺さん)-1-

夜だけじゃなく昼(正しくは夕方付近)も徘徊だ。仕事先に前入り。少しでも時間があれば歩きたいのだ。一年前、足を折ってしまい、それ以来町歩きが減った。今年も夏にプレート・ボルトを抜く手術を受けている...

2018年 11月 12日