カテゴリ:まち( 124 )
まち

高砂や -6-(終)

駅に帰ってきた。開かずの踏切で有名な場所だ。確かに閉まっている時間が長い。なにせ青砥も隣だし、京急や都営浅草線も乗り入れる辺りだから人も多いわけで。この駅に着いた時はコージーコーナーの店舗があっ...

2019年 05月 06日

まち

高砂や -5-

しかしまあ、Y字路の建物ってなんでこう魅力的なんだろうね。店舗ならなおのことだ。そろそろ帰らないとやばいと足が駅へ。実際の滞在時間なんかほんのわずか、これじゃあ町の良さもくそもない。でもまあそう...

2019年 05月 04日

まち

高砂や -4-

東京の私鉄沿線を歩くといつも思うのは自転車天国だなと。特別に自転車が優遇されているわけではなく、駅までの通いに自転車を利用する人が多いということ。なにせ有料の駐輪場が多い。それは和歌山市でびっく...

2019年 05月 02日

まち

高砂や -3-

生活の匂いがするエリアというのは歩いていてもっとも楽しい(自分比)。賑わいがあろうとなかろうと、それはそれでいのだ。人の営みほど美しいものはないという(自分比)ことを絵にしたいためだ。一枚目はも...

2019年 05月 01日

まち

高砂や -2-

なんとなくなんだけど、モノクロにすればよかったなと思いつつ、カラーでやっちまう。というのもZで町のスナップの色づくりを未だに決めかねていたから。まあ、どうせコントラストやや高め、彩度落とし気味の...

2019年 04月 30日

まち

高砂や -1-

銀座で写真展を見て、ニコンプラザ銀座のスタッフの方への挨拶もすませ、あとは帰るのみ。LCCだから成田へ向かうのはいつものお約束で、空港に向かう道すがらで降りて撮るのもいつもどおりだ。前回は鐘ヶ淵...

2019年 04月 29日

まち

ぎんーざなう

ザギンはナウくてゴージャスでナオンもイケイケである。銀座、何年ぶり?記憶にない。最後はそう交差点で信号待ちの時、となりにいたのはラビット関根だった。そんなシャレオツなザギンで写真展をやったなんて...

2019年 04月 28日

まち

うえののあさ(後)

お祝いムードの令和。色々ありますが、平成の終わりをまた噛みしめる今日この頃です。ということで平成最後の自身ラスト写真展、本日までです。お越しいただいた皆様には重ねて御礼を申し上げます。個展を銀座...

2019年 04月 26日

まち

うえののあさ(前)

ホテルから上野駅をめざし、さらに写真展会場である銀座へ。上野の朝というのは何かこう言葉には言い難いムードがある。ラブホからスーツ姿の同僚かと思うような若いカップルが恥ずかしげに出てきたり、24時...

2019年 04月 25日

まち

駅から始まる物語

札沼線の駅舎はちょくちょく(当たり前に)訪れているのだけど、いい時間帯の夕暮に合わせてここ「札比内駅」で待つことに。他に撮りたいシーンもあったので、ちょうどいいかと。びっくりしたのはあるはずの駅...

2018年 10月 20日