小樽

春は勝手にやってこない -5-

そもそも撮影は3月の末で、もうずいぶん日が経っている。なのでとっくに春は来ているし今更冬に戻るのも困る。にしても雪があると景色ってこんなに変わるかなと思うのは年老いたせいです。いま、自分史上三度...

2019年 04月 12日

心に春を

春色の汽車、ではないけれど春色の夕暮れを走る列車に乗って…海に連れては行けない…けれど素敵な景色には出会えます。線路の脇のつぼみは赤いスイートピー…ではなく、ふきのとうだが心に春が来た日は白いキ...

2019年 04月 11日

小樽

春は勝手にやってこない -4-

そう、なかなか勝手にはやってこない春。********** ニコン銀座フォト・プロムナードで個展開催中です **********わたくし自身初めての東京での個展です。開催期間も長いのでぜひ関東方...

2019年 04月 09日

小樽

春は勝手にやってこない -3-

雪が降ってしまったら雪に依存する撮り方になってしまう。悪いわけではないし、そのおかげで絵になる場合も多々あるので。まちに雪が降る地域というのはありがたくもあり・・・**********ニコン銀座...

2019年 04月 08日

ところ変われば景色も変わる

まだ雪多いね。札幌市内とはえらい違います。そういえば昨年の今頃は白鳥さんがたくさんいらっしゃったのだ。今年はもう帰ったかな?沿線には姿かたちもなくとても残念。さて来年はどういう景色に?鉄まみれ?...

2019年 04月 07日

小樽

春は勝手にやってこない -2-

どんなに格好つけてスナップだの、町の記録だの言ってみても個人の嗜好、フェチズムに依存するのが写真のはず。なので褒められようとかまったく思っていないので世間一般の方には何なのかわからん視点かもしれ...

2019年 04月 06日

日が長くなる

毎年同じことを挨拶でしゃべるのだ。「日が長くなりましたね」日ごと変わる実感は同じ時刻の列車を撮ればすぐにわかる。当たり前ですね、はい。特にオチはありません。********** ニコンサロン銀座...

2019年 04月 05日

小樽

春は勝手にやってこない -1-

先般撮影実習で小樽市内を撮り歩いた。受講生さんたちと撮り歩き勝負、後日みんなで写真を見せあい気に入ったものに付箋を貼る。ぼくたちがやっていたフィルム一本勝負のような視線の鍛えあいである。同じ場所...

2019年 04月 04日

なごり雪が降る意味を考えよう

いつもの場所でいつものように同じ時間帯の列車を撮る。いったい何度ここで、この時刻の列車を撮ったかな。向かってくる列車にレンズを向け、後追いでまた狙う。その時だ、突然の雪。レイヤーのように重なり合...

2019年 04月 03日

夜景

期間限定な景色

雪解け水に映る素敵な夜へ。

2019年 03月 29日

そこから見えた景色へ

ここの路線はあまり撮影していなかったし、今更急に撮るのもアレなので、最後はほんの少しの距離を乗ってお別れだ。自分にとって鉄道は好きな物ではあるけれど、移動手段として使うことが多く、被写体としての...

2019年 03月 28日

さようなら

でも、また夕張には来るよ、当たり前だけどね。

2019年 03月 27日

岩手

12年前の花巻

この映像は2007年に撮ったモノ。カメラは訳あってSONY T9というコンパクトカメラ。正直あんまりよく写らないカメラで、まあ、この機種だけ使っていればこんなもんかと思うだろうが他社、特に当時ぼ...

2019年 03月 26日