ハーベスト

平成最後の秋は過ぎゆく。実りの大地、出来はどうだろう。こういう一枚はけっこうタイミングが難しい。なにせ動きモノ同士が反対方向へ右に左に。待っていてもいいタイミングにならないことの方が多いのだ。

2018年 10月 23日

夜景

灯り漏れる路地

栗山町にて。一枚目のお店は酒と家具の店。すごい取り合わせだが、面白いよね。三枚目はやや手ブレだ。久しぶりに町の夜を撮ったらこんなもんだ。ダメだな。栗山監督とばったり遭遇したりすると面白いんだが、...

2018年 10月 23日

帰ろうとする人と陽

そして札比内から列車に乗る人がいた。駅だから居て当然である。が、この路線は途中の駅での乗降客が極端に少ないだけに意外な気もした。実は朝、夕はそれなりにどこの駅でも乗降客は見かけるのだ。列車がなく...

2018年 10月 22日

札幌

毎度の場所で

いつもの場所でいつものような写真を撮る。何のために?自分のために。そして50年は経たであろうレンズに景色を見せるためだ。PENTAX Q7 + SUN TELEPHOTO 1:1.9 1 1/2"

2018年 10月 21日

まち

駅から始まる物語

札沼線の駅舎はちょくちょく(当たり前に)訪れているのだけど、いい時間帯の夕暮に合わせてここ「札比内駅」で待つことに。他に撮りたいシーンもあったので、ちょうどいいかと。びっくりしたのはあるはずの駅...

2018年 10月 20日

キカラシ・コラボはおしまい

光具合や天候、その時間帯に列車がドンピシャ来るか。そして、ちょっとアングルが難しい場所。ロケを慎重に行って、なんとか思い描いた絵に近くなりますように、とカメラのセットも考える。なんとかいい感じで...

2018年 10月 19日

南下徳富駅にて

一日一往復の列車で、乗り降りする人もほとんどいないと聞いている。今日は乗る人がいた。おそらく降りた人かもしれない。この駅に来るのは平日だけなので乗降客を見たのは初めてだ。自分も乗り降りしていない...

2018年 10月 18日

参道

札沼線には参道を横切る場所がいくつかある。そんな中でも一日一往復なので、なかなか撮れない場所。その昔、本数がまだあった頃にも撮ったけどイマイチ。もう少し紅葉が広がれば絵になるのだろうが、なにぶん...

2018年 10月 17日

キカラシの頃

今から十数年前、会社員時代のこと。同僚とサンプルを撮りにでかけ、一面のキカラシ畑を見て「秋に菜の花ってあるんだ!」と言うと「あれはキカラシです」・・・似てるやん。無知ですまん。。。緑肥用なので秋...

2018年 10月 16日

ふつうの風景

あたりまえにふつう

Q7用のシネレンズ、望遠が安価だったので買ってみた。チロルチョコ一個分のお値段。なので送料がその70倍という(笑)。20円とは思えない写りだ。ユルイが、シネレンズなりの写り具合で遊べそうですなー...

2018年 10月 15日

寄り添う

・・・わけではありません。いずれ札沼線の終着駅になる場所にて。その頃はもう札沼線という正式名称もなくなるかも。愛称は学園都市線。それが正式な名前になるのかもね。

2018年 10月 14日

終盤戦

秋の追い込み。鉄の写真ばっかりだね、つまんないよね、と怒られそうです。すまん。毎日鉄を撮りに行っているわけじゃなく、一度の撮影をわけてUPしとります。中には同じ列車を追いかけて別な場所で撮ったり...

2018年 10月 13日

猫の手はもういらない

刈り入れ時、いまはコンバインで人力はいらない。猫の手もいらない。10年ほど前、岩手は遠野で見た刈り取りは家族総出で小さな機械と人力。ああいう光景はもう見られないな。そういえば数年前、いまはなくな...

2018年 10月 12日