最後の輝き

日が短くなり、日没が毎日早まれば、そこを通る列車へ光が当たらなくなる。なにせ本数は少ない。明日はもう晴れていようとこうは撮れない、そんな季節だ。また春までお預け。もしかして最後の春かもしれないね...

2018年 10月 11日

遥かに望む駅

一日一往復しか停まらない駅。この日は誰も乗り降りしていない。そうして列車が来なくなっても誰も困らない。旅をすることの意味、生活路線を旅することを考える。また、あした列車は走る。

2018年 10月 10日

夜景

灯りある家

比較的中心街にあるお宅、まだ札幌にはこういう景色があることに嬉しさを感じる。ぽつんと灯り。なんだろう、いいよね、すごくいい。

2018年 10月 09日

庭先

農家の庭先、資材置き場なのだろうか。かすめて往く列車。いいなあ、こんな近くを走ってくれるなら住みたくなるよね。でも、もう見られなくなるんだけどね。

2018年 10月 08日

始発追っかけ

秋が深まる北海道、寒いよ。始発列車の撮影も日が短くなってきつくなる季節へ。真冬の雪まみれな始発も追いかけねばね。廃止が正式に決まったことだし。

2018年 10月 07日

小樽

そこにいて

いつもそこにいて欲しいと思う物。

2018年 10月 06日

夜景

秋でも湿度

いつもの四丁目交差点、札幌市中心部中の中心部だ。雨がサッと降って上がり、後にまた降ることになる。肌寒さを感じる夜でもこの日はちょっと湿度を感じたのだ。そういうとき、SOM BERTHIOTのシネ...

2018年 10月 04日

建造物

旧・永山邸

永山武四郎が住んでいた邸宅。改修され今年、新たに公開に。絵になるね、ここはまたじっくり撮りたいと思う。丸い窓を見ると心がドキドキ。丸窓フェチなのだ。(なので船の窓も好み)

2018年 10月 03日

札幌

元・ビールの園

元々サッポロビールの工場。今は商業施設に。いい建物をうまく使ってる。民間の会社でも、こういうものを大事に活用しているところも多い。それにしても、10月。早いなあ。野球シーズンも終わるので、さあ真...

2018年 10月 01日

札幌

そう光、影。

土曜日。所属するNPO法人の運営する写真講座のお手伝い。台風が迫るという時期でこのお天気は助かった。今日の講座は午前と午後で場所も対象者も変わるのでけっこう忙しく歩き回った。足の状態も今一つ、完...

2018年 09月 30日

小樽

暮が早まる

日々の挨拶「日が短くなったね」「夕方寒いね」・・・そういう言葉が毎年繰り返される。同じことを何度も云ったり聞いたり。気を抜けばあっという間に暗くなるので油断ならないのが秋。北海道はもう冬ですよ、...

2018年 09月 29日

くたくた

若くない自分が言うとアレだが、若い人はいいなあと思う。希望とか夢とか、まだ人生に先がある。いやいや、まだまだよ、と思うが日々くったくたなのだ。生きるって大変なのだが、若い人も実は大変だ。自分にも...

2018年 09月 28日

夜艶。XF90/2Rの絵はいつもここで唸る。いいレンズをお借りできた。

2018年 09月 27日