光連れて

遠くに聞こえし踏切の 悲しげに鳴く鐘の音 止む日に響く無常の声あの夜に映えた光束の 暖かき想い永久に伝えんNikon Z 6 + FTZ + AF-S NIKKOR 70-200m f/4G E...

2018年 12月 12日

冷える駅に

降り人あり。2020年5月6日が最終運行日に決定。あと一年半ですね。

2018年 12月 12日

札幌

そこに山がある限り

Nikon Z 6 + Leitz Summicron 5cm 1:2 (1st)先日イベント会場に東京に単身赴任している友人が遊びに来てくれた。会うのは一年ぶり、そう昨年病院にお見舞いに来てく...

2018年 12月 11日

夢の続き

今から36年も前の話だ。ぼくは初めてのライカであるM4-2を新品で(並行モノだったが)購入した。当時新品で買えるライカはすでにカナダ製であった。レンズはSUMMICRON 35/2を同時に揃えた...

2018年 12月 11日

夜景

12月の色 VI

派手すぎず渋い色合いの夜景がいいなと思う。というか、ホント、いい色に写ってくれた。ノンビリしたいなと思う昨今。信じられないでしょうがもう来年の春~初夏のスケジュール化の話。そんな先のことはわから...

2018年 12月 10日

夜景

12月の色 V

じょうてつバス推しではありませんがたまたまです。でも真ん中のバスはちょいレアかもしれませんね。夕暮れの色は素敵。冷え込んだせいもあるかな。

2018年 12月 09日

小樽

大事なことは

いつもレンズが教えてくれた(ような)気がするのだ。寄れ。引け。奥を見ろ、ピントはそこじゃない。視線が高い。もっと周囲を見ろ。そうやってぼくはいつもレンズと共に。

2018年 12月 08日

函館

廉売

朝市じゃなくて、本当に地元の方が買い物に来るのはこっち。密着した品と値段。そういうもんでしょうね。

2018年 12月 07日

夜景

12月の色 IV

毎年恒例イルミネーション。雪が降ったが融けたのでホワイトじゃないのが難点だが、もういい加減降る。あんまり派手な色で撮るとわざとらしいので抑え目に。でも、まあ、こんなもんよ。

2018年 12月 06日

12月の色 III

なんとなくクリスマス。緑と赤。クリスマス、本当はどうでもいい。いや、よくないかな。え、いちおう必要?商売的には必要なのかもしれないけど、そろそろ気づこう。

2018年 12月 05日

札幌

12月の色 II

本当は12月だからという意味合いは感じない絵なのだが、そこは撮り手が勝手にそう思っている。ご容赦ください。色々切羽詰った師走感満載で、もうどうしようかな。

2018年 12月 04日

札幌

12月の色

師走、忙しい。おまけに車はとうとう寿命のようで早急に代替えがいるのだが、まあ、きつい。カメラは新調、PCも急務で更新がいるとか、もう助けてよ(笑)。今日はイベントのトークショー、ニコンカレッジ実...

2018年 12月 03日

さようなら苗穂の跨線橋

苗穂駅が新しくなって、南北を結ぶ歩行者用跨線橋が廃止された。元の苗穂駅よりけっこう東側にあったのだが、苗穂工場や運転所があるので南北を結ぶには駅からけっこう離れた場所に存在していた。そのおかげで...

2018年 12月 02日