タグ:AF-S 200-500/5.6E ( 41 ) タグの人気記事

冷える駅に

降り人あり。2020年5月6日が最終運行日に決定。あと一年半ですね。

2018年 12月 12日

小樽

いつも夕暮れ

良いカメラだなと思わせる頃合いがあって、夕暮れ時のトーンにそれが出る。どうしても微妙な時間帯で、明るめに写りすぎるのを抑えるとトーンが失われやすい。かといって暗めにすると違和感がある。シャドーが...

2018年 11月 27日

陽落ちの時

あと、もう少し、ギリギリで陽が陰ってしまったのだ。まあ、そういう時間帯に撮っているので当然だ。トワイライトも好きなのだが、いかんせん惜しい。

2018年 10月 29日

夕景

中途半端な色づき

こんな日もある。夕暮れだからいつも美しい色に染まるとも限らないし、当たり前に曇りや雨では誰も撮らないかもしれないね。本当は空模様という物はどんな天候であっても撮っておくべきだと思う。それは自らの...

2018年 10月 27日

秘境でもないと思う駅

秘境駅と呼ばれているけど、あんまりそうは思わない(個人差があります)のが豊ヶ岡駅。その昔は炭鉱の最寄駅で貨物の積み出し口もあったそうだ。まあ、そう聞くと往年の賑わいもなく確かに秘境感がにじみ出て...

2018年 10月 26日

キカラシ・コラボはおしまい

光具合や天候、その時間帯に列車がドンピシャ来るか。そして、ちょっとアングルが難しい場所。ロケを慎重に行って、なんとか思い描いた絵に近くなりますように、とカメラのセットも考える。なんとかいい感じで...

2018年 10月 19日

キカラシの頃

今から十数年前、会社員時代のこと。同僚とサンプルを撮りにでかけ、一面のキカラシ畑を見て「秋に菜の花ってあるんだ!」と言うと「あれはキカラシです」・・・似てるやん。無知ですまん。。。緑肥用なので秋...

2018年 10月 16日

遥かに望む駅

一日一往復しか停まらない駅。この日は誰も乗り降りしていない。そうして列車が来なくなっても誰も困らない。旅をすることの意味、生活路線を旅することを考える。また、あした列車は走る。

2018年 10月 10日

夜景

中秋の名月らしいよ

らしいよとは失礼だけど、そう聞いていたからとりあえず旬の物を。新聞社だとスカイツリーだとか観覧車なんかと絡めるところだが家の前には何もない。そんな洒落たもんはございません。なおもトリミングしてい...

2018年 09月 24日

去りゆく夏を見送るように

夏の花、オオハンゴンソウに消えゆく列車を見送る。特定外来生物なので、本当は根絶せねばならんのだが繁殖力が高い。そもそも線路脇によく咲いている。種子を列車が風圧で吹き飛ばし、車体に巻き込みまき散ら...

2018年 08月 18日