小樽

ももない冬色 -2-

先般の撮影ツアーで周った絵をいくつかお見せしました。色々ご心配を頂いております。まだ本調子には程遠いですが、そこは徐々に。頑張ります。

2018年 02月 05日

小樽

ももない冬色 -1-

桃内もいい雰囲気でした。いつもの場所なのに楽しい。好きな場所は何度撮っても楽しい。というか、やはり写真を撮るのが楽しいんでしょう。日々を楽しみながら噛みしめてクリアしております。いいですねえ、実...

2018年 02月 04日

小樽

忍路やねんけど

忍路の真髄は冬にある。人が来ない、カメラマンもいない。雪の表情がいいので飽きない。どこの漁港でもそうだろう?いえいえ忍路には冬が似合うんです。

2018年 01月 31日

小樽

桟橋のある景色

これだけを見て小樽のどこかが一発でわかったら、それはもうカリスマ小樽好き。というほどレアな場所ではありませんが、雪があると風情が一変してしまうようなイメージです。小樽の港はどこも魅力ありますが、...

2018年 01月 31日

北海道内

ひみつきち

現役なんですね。タイヤの空気がいつもちゃんと入っています。もちろん走ることはなくても。

2018年 01月 30日

北海道内

先へ進めなくなるトラップ

例えばあなたが猫好きならばわかってもらえると思う。港を撮影に来て、この子に行く手を阻まれたなら先へ進むことは難しい。今日はバスツアー、そう二か月前骨折しちゃった、あのバスツアー再開の日。漁港の公...

2018年 01月 28日

60年前の景色は写るのだろうか

柔らかい夕暮れ、晩秋の香り漂う田んぼ。60年ほど前の旧いレンズで撮ってみたかった。あまりの低コントラストゆえにボケボケになるかと思いきや、カメラが優秀なのでカバーしてくれました。札沼線は60年前...

2017年 10月 28日

静岡

駿豆線沿線への旅 -19- また、いつか三島(終)

静岡の出張もこれですべておしまいです。ああ、三島、本当にいい町でした。本音を言えばもう町歩きにはけっこう厳しい体調だったんで途中で切り上げようかと思ったのに、それを許さない土地でした。歩け、撮れ...

2017年 10月 20日

静岡

駿豆線沿線への旅 -18- 三島広小路の深い罠

素晴らしい路地を目の前にしてわざとに迷うふりをして彷徨うことがカメラを持った人のなせる技。いや、昼間だからいいんです。夜中だとけっこうどうでしょうか。子供連れの親子がある通りを抜けようとして「こ...

2017年 10月 18日

静岡

駿豆線沿線への旅 -17- 三島の悩ましい路地に立ち止まる

いわゆる繁華街といいますか、ちょっとアッハーンな色も香りそうな路地。いいですね、こういう場所を期待しておりました。子供たちが遊ぶ水路に近いのに飲み屋街。こういうギャップが地方都市の素晴らしさだと...

2017年 10月 16日